page contents

にぼし3 の 乗り旅 ブログ

車や鉄道など、旅路で見かける自然やアクセスなどを、写真と文にてブログします。

ナゴヤ球場近くを通る名古屋港線をたどり旅しました。

今回私は、今も非電化の単線 名古屋港線(なごやみなとせん)を ナゴヤ球場近くから名古屋港近くまでを、市バスや地下鉄、徒歩でたどり旅しました。

距離を測ると、名古屋駅から名古屋港(なごやみなと)駅(JR貨物の貨物駅)までは、約8kmあり、途中 名鉄 名古屋本線の山王(さんのう)駅付近でJR中央本線(西線)と線路が分かれ、そこのカーブくらいで、ほとんどは直線の路線です。

この路線は、私が子供の頃に、ナゴヤ球場正門前駅として野球の試合の時に名古屋駅と往復して乗ったことが何回かありました。また、名鉄 名古屋本線がまだ ナゴヤ球場前駅(現在は 山王駅)だった頃もよく利用していました。

現在は名古屋港線の旅客線は走っていませんので、JR東海道線の尾頭橋(おとうばし)駅から、ナゴヤ球場近くにやってきました。

 

 

  

f:id:niboshi3:20201025152430j:plain

↑ この写真は、ナゴヤ球場近くから撮ったところです。 東海道新幹線の上り方面が通過していきます。新幹線の手前にある踏切の単線が名古屋港線です。写真右に行きますとJR中央本線(西線)と合流し名古屋駅に向かいます。

  

f:id:niboshi3:20201025152504j:plain

 現在は、火・木・土曜日運転で1日1往復しか通らない貨物線を撮りました。午前10時前に、ディーゼル機関車が通過していきます。

  

f:id:niboshi3:20201025122911j:plain

この路線 名古屋港線は、JR貨物が保有しているとのことをネットで知りました。

もし、 ディーゼル機関車に旅客車を付けて営業運用されていれば、それに乗って旅ができ、線路の端 名古屋港近くまで行けるのになあという思いはありますが。それはかないませんので、私は尾頭橋駅近くにありますバス停から市バスに乗り南の方に行きました。

  

f:id:niboshi3:20201025152604j:plain

 

f:id:niboshi3:20201025123043j:plain

 市バスの地下鉄名港線 日比野(ひびの)駅近くのバス停で下車し、西の方に歩くと、新幹線と名古屋港線とが、並行から交差して離れていく地点に行き着き写真を撮りました。

この辺りだけややカーブがあります。そして写真左に行くと南の方向に進み、新幹線から少しずつ離れていきます。

 

f:id:niboshi3:20201026172210j:plain

そして、名古屋港線に沿って南に少し歩いた地点の、住宅地での線路の様子です。写真左の方が、名古屋港方面です。

そこから私は徒歩で、地下鉄名港線 六番町(ろくばんちょう)駅へ行き地下鉄で築地口(つきじぐち)駅で下車しました。

  

f:id:niboshi3:20201025152744j:plain

 地下鉄築地口駅から歩いて約5分。JR東海線でたまに見かけたことがある、黄色い貨物用の貨車でしょうか?この件についてネットで調べたところ、JR東海が所有するレール運搬用の事業気動車であることを知りました。

この路線は、私にとって謎が多いので、よくわからないことを学んで知っていきながら、そして鉄道と線路の魅力を思いながら、写真を撮りました。

  

f:id:niboshi3:20201025123318j:plain

 写真右下が、線路の行き止まりです。その向こうには名古屋港水族館、その先に港があります。

 

f:id:niboshi3:20201025123353j:plain

鉄道、乗り物好きにとっては、この路線も旅客化してほしいなあと思いますが。ネットで調べたところ、 昔はこの路線が旅客営業していた時もあったそうです。でも今の現実は現実でありますから、線路をたどって旅をしている感じであります。

 

f:id:niboshi3:20201025123422j:plain

こちらは、地下鉄名港線名城線車両基地がありました。今は複線の地下鉄が営業運行していますから、単線の名古屋港線は旅客化していないのも、わかる気がします。

 

その後私は、地下鉄 築地口駅へ行きそこから名港線に乗って、次の用事に向かいました。

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。