page contents

にぼし3 の 乗り旅 ブログ

車や鉄道など、旅路で見かける自然やアクセスなどを、写真と文にてブログします。

知多半田駅から半田駅へ、徒歩で撮り鉄をしました。

2020年 3月のある晴れた日に、前回のブログの、師崎港(もろざきこう)から、知多バスで河和(こうわ)駅で降車し、名鉄河和線に乗るところから、今回続きのブログを記していきます。

(前回のブログは、[愛知県 南知多町の師崎港へ、富士山を見に行きました。]をご覧くださいませ。)

名鉄河和線 知多半田(ちたはんだ)駅で降り、夕方の半田市街地を徒歩で見物しながら撮り鉄し、JR武豊(たけとよ)線 半田駅へと向かって列車に乗るまでをブログしました。

  

この写真は、知多半田駅から 特急 名鉄名古屋行きが発車したところを撮りました。 

f:id:niboshi3:20200306171327j:plain

 

この列車は、特急 河和行きです。すでに発車し足早に加速して行ってしまったところを撮りましたので、少し物足りなさがあるかと思いますが、ご容赦くださいませ。

f:id:niboshi3:20200306171443j:plain

 

f:id:niboshi3:20200306171454j:plain

 

こちらは、当駅始発の普通 金山行きです。人(お客)が乗っていませんでしたから、前方の名鉄の車掌さんが車内確認しながらのところを撮りました。

f:id:niboshi3:20200306171556j:plain

 

駅構内から出て撮ったところです。夕方でしたので、写りが暗くなってしまいました。

f:id:niboshi3:20200306172207j:plain

 

知多半田駅から、常滑駅中部国際空港へ行く知多バスが少ないですがありまして(2020年3月時点で)わりと便利です。過去に私は、このバス路線で常滑駅中部国際空港へ行ったことがあります。名鉄電車で空港へ行くアクセスとの違いが楽しめました。

f:id:niboshi3:20200306172339j:plain

 

徒歩で東の方へ向かっています。現代的な建物が多く都会的に感じますが、人がほとんど歩いていませんでした。(今のコロナの影響があるかもしれません。)

f:id:niboshi3:20200306172603j:plain

 

この辺りはマンションが多かったです。バス停の向こうにJR武豊線の踏切があります。 

f:id:niboshi3:20200306172934j:plain

 

武豊行きの列車が、左から右へとゆっくり走行していきました。すぐその前は、大府(おおぶ)方面の列車が走行して行き、半田駅で列車の行き違いがあるためか、長い時間踏切がおりていたため、車はやや列がありました。

そして私は踏切を渡らずに、写真左(北)の方向、半田駅に向かっていきました。

f:id:niboshi3:20200309195343j:plain

 

半田駅近くの線路高架下の道の様子です。線路の上には架線があります。ひと昔前のJR武豊線は、非電化でディーゼル列車でした。2015年3月に電化開業しました。

f:id:niboshi3:20200306173552j:plain

 

 夕暮れの落ち着いた雰囲気で、人気(ひとけ)が少なかったです。(これも今のコロナによる自粛の影響かもしれません。)

f:id:niboshi3:20200306173843j:plain

 

JR東海半田駅 の標識がありますがそれ以外は昔の国鉄時代が漂ってくる駅舎でした。

f:id:niboshi3:20200306174000j:plain

 

18時01分発の、区間快速 名古屋行きに乗車し、地元に戻りました。 

f:id:niboshi3:20200306180100j:plain

 

愛知県にある知多半島へは、中部空港が出来てから、時々ひとり旅によく行く私です。

富士山を見に行くときは、まず天候を確認して天候が良ければ、次に知多半島をはじめ、渥美半島や、三重県方面の富士山が見えるところを地図で調べて見に出かけたこともあります。

 また日程の都合をつけながら、電車やバスなどに乗って出かけて、その様子をブログに記していきたいなと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。